金沢大学 医薬保健研究域医学系 機能解剖学分野 機能解剖学分野

トップイメージ

トップ > お知らせ

お知らせ

2016.10.11
大学院生を募集しています。
詳細はこちらをご覧ください。
2016.10.8-9
日本解剖学会 第76回中部支部学術集会(松本市)で発表しました。
Oral, Aye Aye Mon、堀紀代美、小酒井友、奥田洋明、尾崎紀之 The involvement of MCP-1/CCR2 signaling in Gastric Hyperalgesia related to Diabetic gastropathy
2016.9.26-30
16th World Congress on Pain(横浜市)で発表しました。
Poster, Kiyomi Hori, Aye Aye Mon, Tsuneo Nakamura, Yoshitake Shiraishi, Yu Kozakai, Shinichiro Hiraga, Tatsuki Nakagawa, Noriyuki Ozaki Cold-gated ion channels contribute to cold allodynia in a new rat model of peripheral arterial disease
Poster, Y. Kozakai, K. Hori, A. Aye Mon, N. Ozaki Involvement of Type 2 CRF receptor in animal models of stress-induced functional dyspepsia
Poster, Aye Aye Mon, Kiyomi Hori, Yu Kozakai, Noriyuki Ozaki ROLE OF MCP-1/CCR2 SIGNALING IN GASTRIC HYPERALGESIA RELATED TO DIABETIC GASTROPATHY
Poster, Tatsuki Nakagawa, Tomoko Koeda, Shinichirou Hiraga, Kiyomi Hori, Noriyuki Ozaki TRPV4 with NGF and PAR2 contributes to cutaneous tactile allodynia and muscular mechanical hyperalgesia in a new rat model of physical inactivity
Poster, S. Hiraga, T. Koeda, K. Hori, H. Nakata, T. Nakagawa, S. Iseki N. Ozaki NGF increased in skeletal muscle has a role in muscular mechanical hyperalgesia in inactivity model
2016.3.28-30
第121回日本解剖学会全国学術集会(郡山市)で発表しました。
Poster, 平賀慎一郎、肥田朋子、 堀紀代美、 仲田浩規、 中川達貴、 Tewarat Kumchantuek、 井関尚一、 尾﨑紀之 不活動に伴う筋機械痛覚過敏と骨格筋ならびに後根神経節におけるNGFの発現変化
2016.3.8
脳・肝インターフェースメディシン研究センター生体統御学部門 外部評価シンポジウムが開かれました。
2015.11.14-15
第2回日本基礎理学療法学会学術集会 日本基礎理学療法学会第20回学術大会 合同学会(横須賀市)で発表しました。
Oral, 中川 達貴,肥田 朋子,平賀 慎一郎,堀 紀代美 ,尾﨑 紀之 不活動に伴う筋痛のメカニズムおよびホットパックによる治療効果について
2015.10.3-4
日本解剖学会第75回中部支部学術集会(福井県)で発表しました。
Oral, 平賀慎一郎、肥田朋子、 堀紀代美、 仲田浩規、 中川達貴、 Tewarat Kumchantuek、 井関尚一、 尾﨑紀之 不活動に伴う筋機械痛覚過敏には骨格筋内で増加するNGFが関与する
2015.9.26-27
第20回日本ペインリハビリテーション学会 学術大会(名古屋市)で発表しました。
Poster, 平賀慎一郎、肥田朋子、中川達貴、堀紀代美、尾﨑紀之 不活動前に行うTreadmill運動は不活動後の筋痛を抑制する
Poster, 中川 達貴,肥田 朋子,平賀 慎一郎,堀 紀代美,尾﨑 紀之 不活動モデルラットにおける機械的痛覚過敏に対するTRPV4の関与
2015.7.3-4
第37回日本疼痛学会(熊本市)で発表しました。
Oral, 小酒井友、堀紀代美、白石昌武、中村恒夫、尾﨑紀之 ストレス誘発性機能性胃腸症モデルにおけるCRF2受容体及びUrocortinの関与
2015.6.5
修士課程 中川達貴さんの第49回理学療法学術大会での演題が奨励賞に選ばれました. 演題:不動化に伴う疼痛発生に対するホットパックの影響 〜不動化モデルラットを用いて〜
2015.6.5-7
第50回日本理学療法学術大会 (東京都)で発表しました。
Poster, Hori Kiyomi, Aye Aye Mon, Matsubara Takanori, Hiraga Shinichiro, Nakagawa Tatsuki, Yu Kozakai, Yamaguchi Takeshi, Ozaki Noriyuki Cold-gated ion channels involve in cold allodynia in a new rat model of peripheral arterial disease
Oral, 平賀慎一郎, 肥田朋子, 中川達貴, 堀紀代美, 山口豪, 尾崎紀之, 関節を不動化したラットの脊髄後根神経節における神経成長因子の変化 -筋の一次知覚神経における検討-
Oral, 中川 達貴,堀 玲菜,大竹 晋平,平賀慎一郎,西上 智彦,堀 紀代美,山口 豪,尾﨑 紀之,肥田 朋子, ホットパックによる疼痛発生の遅延のメカニズムの解析 〜虚血・再灌流障害の可能性を探る〜
2015.4.2
教室員紹介を更新しました。
2015.4.1
山口 豪助教が四国大学准教授にご栄転されました。
2015.3.22
平成27年度日本解剖学会総会において白石昌武 技術専門職員が作成したロゴマーク採用の表彰式が執り行われました。
2015.3.21-23
第120回日本解剖学会全国学術集会(神戸市)で発表しました。
Poster, Hori, Kiyomi; Nakamura, Tsuneo; Yamaguchi, Takeshi; Shiraishi, Yoshitake; Ozaki, Noriyuki Involvement of ion channels in cold allodynia in a new rat model of peripheral arterial disease.
Poster, Yamaguchi, Takeshi; Hori, Kiyomi; Kozakai, Yu; Yi, Shuangqin; Ozaki, Noriyuki Involvement of ASICs in isopreterenol induced ischemic cardiac pain rat model.
2015.1.6
白石昌武 技術専門職員が応募した作品が日本解剖学会の学会ロゴマークとして採用されました。
2014.10.11-12
第74回日本解剖学会中部支部学術集会(金沢市)で発表しました。
Oral, 中川達貴,堀玲菜,大竹晋平,菅谷和輝,平賀慎一郎,村瀬詩織,水村和枝,尾﨑紀之,肥田朋子,不動化によって惹起される疼痛に対するホットパックの効果について
Oral, 山口豪,中谷壽男,堀紀代美,白石昌武,中村恒夫,尾﨑紀之, 上肢においてみられた浅上腕動脈~浅尺骨動脈の破格例
2014.7.22-25
第29回日本心電学会・第31回日本不整脈学会(東京都)で発表しました。
Poster, 山口豪,堀紀代美,小酒井友,白石昌武,中村恒夫,易勤,尾﨑紀之,Isoproterenol投与による心臓痛モデルラットにおける心電図について
2014.6.20-21
第36回日本疼痛学会(大阪市)で発表しました。
Oral, 山口豪,堀紀代美,小酒井友,Aye Aye Mon,中村恒夫,白石昌武,易勤,尾﨑紀之,Isoproterenol投与による虚血性心臓痛におけるASICsの関与の検討
2014.5.30-6.1
第49回日本理学療法学術大会(横浜市)で発表しました。
Oral, 中川達貴,大竹晋平,堀玲菜,菅谷和輝,平賀慎一郎,村瀬詩織,水村和枝,肥田朋子,不動化に伴う疼痛発生に対するホットパックの影響 不動化モデルラットを用いて
2014.3.27-29
第119回日本解剖学会全国学術集会(下野市)で発表しました。
Poster, 小林只,尾﨑紀之,堀紀代美,筋筋膜性疼痛症候群の病態と形態学的特徴 エラストグラフィー超音波診断装置による検討